車買取のよくあるトラブル

 

車の売買は大きなお金が動きます。ですから些細な事で大きなトラブルに発展してしまうことがよくあります。
車買取を利用するときはそのよくあるトラブルを前に頭の中に入れておきましょう。
そうすれば事前に問題になりそうだ部分を押された取引をすることができてトラブルを未然に防ぐことができます。

 

 

査定後に査定額が下がる

 

車査定でよくあるトラブルの一つ目としては最初に査定マンから提示された金額と契約の直前になって提示された金額が異なっているというものです。

 

このようになる原因はいくつか存在します。よくあるのは業者側がとりあえずお客を囲い込むために高い査定額を最初に提示するというものです。そしていざ契約となった時に逆に対して難癖をつけて安く買い叩くということが行われています。
車買取は一般的に複数社からの査定見積もりを受ける事が多いです。ですからそれぞれの会社としては他社との競争になると必然的に出来る限り高い査定額を提示して客を囲い込もうとします。
もう一つ査定額が変わってしまう原因としては査定から売却までの 時間が空きすぎて買取相場が変わってしまうというパターンも考えられます。中古車市場は相場の変動が激しいので1週間も2週間も売却するのを先にしてしまうと大きく価格が変わってしまうことも珍しくはありません。

ホーム RSS購読 サイトマップ