車の維持費や税金について調べてみた

車の維持費と税金について語ります

 

 

車は所有していると言うだけでそこそこのお金がかかってきます。
寝たら全く乗らなくても車は所有していると言うだけで維持費がそこそこ必要になってきます。
車を持つには様々な税金がかかりますので車の所有する時にはこのような維持費をしっかり理解しておくことが大事です。

 

車の維持に必要なお金

 

 

車を維持していくのに必要なお金の一個としてまずガソリン代が挙げられます。
燃料がなければ車を外れませんのでどんな車でもガソリン代はかかります。
また車は消耗品ですので経年劣化した部品を交換する必要があったりそのための部品の代金なども維持費として必要です。
また車保管しておく場所としての駐車場もようなお金です。
さらに車検の際に必ず必要なのが強制保険の自賠責保険です。
公道で走らせるため自賠責保険に入るのは必須ですのでこれも避けられない出費です。
一方強制加入ではないですが任意加入の自動車保険って言うのもあります。これは強制完了ではありませんけども対物対人補償で保障が無制限になったりしますので、万が一事故の場合に備えて加入は欠かすことができないと思います。

 

車に発生する税金など

 

 

車は税金の塊と言われています。
まず多くの人が思い浮かべるのは自動車税です。4月1日の時点の所有者にかされて5月中に支払うことが多いです。車検の際に発生する自動車重量税、さらに自動車を取得するための自動車取得税、ガソリン税など様々な税金がかかってきます。

ホーム RSS購読 サイトマップ